2012年06月24日

【用語】ツン→デレ

「べ、別にあんたの為にお弁当作ってきたわけじゃないんだからねっ!」

これはツンデレを表すテンプレ台詞ですね。もはや成句と言っても過言ではないでしょう。
でも、管理人は思うのです。これ、ただの素直になれない女の子じゃね?

今現在使われている「ツンデレ」という言葉の定義は、さまざまな変遷を経て現在の定義に落ち着いたわけですが、以前は「最初ツンツン、後デレデレ」という、状態の遷移を表す言葉だったはずです。
管理人はどちらかと言うと、この旧い定義の方が好きです。なので、現在のツンデレと区別する新しい言葉を考えました。それが「ツン→デレ」です。真ん中の矢印は時間の経過を表します。読み方は判りません。

この、一見TSFとは何の関係もなさそうな言葉ですが、実はTSFを語る上で非常に重要なキーワードとなります。
そして、それこそが、TSFが一般に浸透しにくい原因だと、管理人は思うのです……。

まず、なぜツンデレという言葉が素直になれない女の子を表すようになったのか?
これは、商品としてパッケージングしやすいからではないかと、管理人は考えます。
どういう事かと申しますと、まず新しい萌えコンテンツを立ち上げてキャラを作る際、どのような性格にするかを考えなければいけませんが、この時に、時間の経過で性格、言動が遷移してしまうキャラが非常に扱いづらいのは想像に難くありません。
連載物の企画であれば、打ち切りや人気上昇による連載の延長など、全体の尺が読みにくいので遷移のタイミングを計りにくいでしょうし、そうでなくてもどちらの状態を前面に押し出してキャラをアピールすればいいのかが悩みどころとなるでしょう。

上記の事から、非常にキャラ付けしやすい「素直になれない女の子」がツンデレの座を勝ち取るに至ったのではないかと邪推する次第であります。

さて、ここからがようやく本題。TSFの話です。
TSFとツン→デレの共通点、それはすなわち、時間経過によって状態が遷移するという点です。
例えば、1枚イラストを描いて「さあTSFでござい」というのはその設定の性質上、不可能なんですよね。
「男の子だった」という「過去」があって初めてTSが成り立つのです。
そして、NLを扱ったTS作品の場合、TS直後で男の子になびく事は通常あり得ません。つまり、状態としてはツンです。そこから、やがて心まで女の子に染まっていきデレが訪れる……。
そう、TSFとは、潜在的にツン→デレを内包するジャンルなのです!

しかし残念な事に、状態遷移を伴う作品は扱いづらい、故にTSFは扱いづらい、だからなかなかそういった作品が出ず、認知度も上がらない……。こんな悪循環が生まれてしまっているのではないでしょうか。
こういった現状を打破するには、やはり需要が高まっているというアピールが肝要でしょう。
このブログも、そのアピールの一助となれば幸いです。
posted by KAY at 17:43| Comment(0) | 用語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: