2012年06月25日

【雑記】TSFの分類法について

普通、TS作品を分類する場合、「変身」だとか「入れ替わり」のように、TS方法でカテゴライズするのが一般的だと思います。
ただ、この分類方法だと、性転換という設定が舞台装置としてどう機能するのかがちょっと判りにくいんですよね。
なので管理人は、強制・任意可逆・不可逆という分類法をよく使います。

いくつか例を出すと、らんま1/2は任意可逆、ふたりはマイエンジェル☆やアイドルプリテンダーは強制不可逆、フキゲンシンデレラやあめのちはれは強制可逆、など。(なかなかメジャーどころの例を挙げられなくてすみません……)
恐らく、最も作品数が多いのが強制不可逆ではないでしょうか。逆に、非常に稀なのが任意不可逆です。ほとんど見かけませんが、あるにはあるはずです。
例えば、成人する時に性別を選べる特殊な種族を扱ったファンタジー作品、あるいはそのようなSFなど。

この分類法の便利なところは、TSという現象に対してTSっ娘がどのような立ち位置でいるか、というのがひと目で判る点です。
もちろん、TS方法による分類も重要だしよく使うんですけどね。
管理人の場合、変身、転生は大好物ですが、入れ替わりや憑依はちょっと苦手です。
これには明確な理由があって、「他人の身体を使う」という事に非常に抵抗があるせいです。
なんというか、自分の身体じゃないのにガサツな言葉遣いや行動を取っているのを見ると、元の身体の持ち主がかわいそうになってくるんですよね。その点ばかりが気になってなかなかシチュエーションを楽しめないのです。
本当はこのあたりも、自分の身体なのか他人の身体なのかで分類する新たな区分を設けたいんですけどねえ……なかなかいい分類名を思い付かないので。
posted by KAY at 15:45| Comment(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: