2012年07月07日

【感想】女「おい」  男「はい」

女「おい」  男「はい」


管理人がSSにハマるきっかけになった作品です。SSなら、自分の望むTS物が読める! そんな事に気付かせてくれました。
SSで最初に出会ったTSFですが、未だにこの作品は歴代TSFSSの上位です。今でもたまに読み返したりしてます。それほどお気に入り。

女は文句なくかわいいんですが、個人的には男にはもうちょっと早い段階で自分の気持ちに気付いて欲しかったですねー。
この作品は、男も女も自分で自分の気持ちがはっきりせず、男は女と先輩の事が気になり、女は男と女友の事が気になり……と、お互いの立場を対比させたような構造になっているので、恐らくわざとなんでしょうが。
この構造のせいで、男の態度に一貫性が欠けてしまっているのが少し残念でした。冒頭からいきなりキスしようとしたりしてんのに、女の事は女として見れない、とか……。

しかし、女の方は、ツン→デレの遷移が非常に鮮やかで、だんだん女の子としての心が芽生え始める様子や、それに対する戸惑いが非常に丁寧に描かれています。
完デレした後は最初の頃のツンなんて見る影も無く、ほんとに女の子女の子してて非常に可愛らしいです。
キュン度で言えば、この作品が最も破壊力高いかもしれない。
夏祭りデートのくだりだけで15回は吐血出来ますよね。

強制不可逆の変身系TSで、NLが好きな方にはたまらない作品だと思います。
あと、何気にこういうのを非TS好きの人なんかに読ませたら、案外コロッとTS愛好家に鞍替えするんじゃないかと思うんですが、どうですかねー。
皆さん、実験してみません?
posted by KAY at 00:22| Comment(0) | 作品紹介・感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: